佐賀県  外壁塗装リフォーム業者の探し方のポイントを紹介!

佐賀県
  1. ■納得のいく外壁塗装がしたい!リフォーム業者の探し方のポイントを紹介!
    1. ●おすすめできないリフォーム方法、あなたは大丈夫ですか?
    2. ・知り合いからリフォーム業者を紹介してもらう
      1. ・自分で探そうとしてネットで検索する
    3. ・近所のリフォーム業者を尋ねる
    4. ●ネットのリフォーム業者仲介サービスを使うと探しやすい
      1. ●各リフォーム費用の相場は知っておくと便利
      2. ▼各リフォームの相場、目安価格
      3. ▼かかるのはリフォーム費用だけでない
      4. ●大まかな流れを知って賢くリフォームしていくのがコツ
      5. ・資金は事前に準備した方が良い
    5. ・どうしたいのかを具体的に
    6. ・資金面のサポートが可能か?確認をする
    7. ・予算は余裕を持たせる
    8. ・業者検討のポイント
    9. ・予算オーバーの修正が可能な場合も
    10. ・支払いタイミングは事前に確認
    11. ・仮住まいを利用するのか?
    12. ・リフォーム時に見に行く
    13. ●業者はしっかり吟味してから決める
    14. ・住宅リフォーム専門
      1. ・工務店
    15. ・住宅メーカー
    16. ・住宅設備関連のメーカー
    17. ●予算を決める際のコツはこれ!
      1. ●リフォーム業者とはしっかりと話し合い、確認を!
    18. ・希望やイメージをしっかりと伝える
    19. ・予算や希望の工期を伝える
    20. ・見積りに対する相談にも応じてくれるか
    21. ・保証、アフターサービスも確認
    22. ・契約時にも確認を
    23. ・リフォーム後に確認を
  2. ●リフォームとリノベーション、何が違うの?
      1. ●リフォームは助成金の活用を!
    1. ・エコ、省エネ関連のリフォーム
    2. ・バリアフリーなどの介護関連のリフォーム
    3. ・耐震関連のリフォーム
    4. ・補助金を検討する際の注意点
    5. ●リフォームに使えるローンもチェックしておきましょう
      1. ▼住宅ローン
      2. ▼リフォームローン
  3. ●まとめ:ポイントを押さえて満足のいくリフォームを

■納得のいく外壁塗装がしたい!リフォーム業者の探し方のポイントを紹介!

リフォームを検討する際にちょっと調べてみるとよく聞くのが

「リフォームに失敗したと感じる」という意見。

特に外壁塗装ではよく聞かれます。

納得のいくリフォームを実現するのも、思ったものと違う結果になったと思うのも、

リフォーム業者の選び方次第です。

外壁塗装に関しては、10年ごとに検討することをおすすめします。

一度、外壁塗装をお願いしたものの、後で「やっぱり違う業者さんに

頼んだ方が良かったのかな?」と不安になる事も。

今回は外壁塗装を中心としたリフォーム業者の選び方をいくつかご紹介した上で、

有利にリフォームを進めるために知っておきたいリフォームの補足情報なども含めてご紹介いたします。

●おすすめできないリフォーム方法、あなたは大丈夫ですか?

外壁塗装を考え、リフォーム業者を見つける時にいくつか避けたい

ポイントがあります。

これまでに業者選びで失敗した方法=避けたいポイントとなるのですが、

意外に身近に起こりやすく、このページをご覧になっているあなたも

遭遇する可能性もあります。

まず、以下の3つの探し方は基本的におすすめできません。

・知り合いからの紹介
・ネットで探す
・近所の業者に連絡をする

リフォームではよくありそうなきっかけですが、なぜあまり

おすすめできないのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

・知り合いからリフォーム業者を紹介してもらう

リフォームの相談を知り合いにしてみるとリフォーム体験談などの

お話を聞くことができて参考になります。

ただ、その時に「うちで頼んだ業者、結構よかったよ、紹介しようか?」

という流れがあったらすぐには受けない方が良いです。

リフォーム業者にも得意不得意があります。たまたま得意ではない箇所の

リフォームなのに知り合いからの紹介という流れの中、

無理に引き受けようとする業者さんもいるのです。

トイレの設置リフォームは得意だけど、外壁塗装はあまり得意ではないという場合も。

話を進めていくうちに紹介という手前、断りにくいという問題が出てきます。

結果として納得いかない仕上がりになったけど、言いづらかったという例もあるため

一応、注意しておいた方が良いでしょう。

・自分で探そうとしてネットで検索する

この方法だと色々なリフォーム業者さんを見つける事ができるのですが、

数が多く、絞り込みきれません。

費用相場がわからないまま、無駄に高い見積りをされる可能性もあります。

・近所のリフォーム業者を尋ねる

近所にリフォーム業者がいると問い合わせをしてしまう例もありますが、

こちらもあまりおすすめできません。

一度見積をした後で断りにくい状況になる事もありますし、

最終的に自分のニーズに合わないリフォーム結果になる場合があります。

●ネットのリフォーム業者仲介サービスを使うと探しやすい

ある程度リフォーム業者を探す際にこの方法ではあまりおすすめできない

という例もご紹介しました。

探す際にある程度考慮しておきたいポイントは

・相場に合っている価格か
・遠慮なく断れる環境か
・自分のニーズに合ったリフォーム業者さんか
・安心してリフォーム業者を探せるシステムを利用できるか

などです。

そこでおすすめしたいのがリフォーム業者をマッチングしてくれるサービス。

リフォーム業者の紹介、マッチングサービスを利用すると、自分が

「こんなリフォームがしたい」という要望に合ったリフォーム業者を

マッチングしてくれます。

リフォーム業者のマッチングサイトは大抵、大手業者さんが出資して

サービスを提供しているところが多いです。

大手のサービスであれば登録できるリフォーム業者さんの審査もある程度

しっかりと行っていますし、信頼のおける業者だけを登録しているので、

悪徳業者に遭遇しにくいといった安心感もあります。

リフォーム業者のマッチングサイトで外壁塗装を得意とする複数の業者さんを探し、

見積を検討してみると良いです。

利用方法も簡単で、大抵は無料登録することができます。

登録も簡単で数分で完了です。

自分にとって相性の良いリフォーム会社を探す、リフォーム会社を比較して

適正価格で外壁塗装を行ってくれる業者を探せるといったメリットがあります。

複数業者を比較したい理由として、見積価格が業者によって違います。

例えば3社ぐらい見積してもらうとある程度分かりますが、

数万~数十万レベルでの違いがあることも。

また、「ここは高いかな?」と思っても良く見てみると、

下塗りを念入りに行い、持ちが良い塗料を選んでいるなど、納得のいく

施工内容の見積りだったという例もありますので、見積の内訳も合わせて比較、

検討することをおすすめします。

マッチングサイトによっては、業者選びに関する相談に乗ってくれる

場合もありますし、実際にお願いするまでのやり取りは匿名でできるので

安心感もあり、お断りしやすいシステムです。

自分で納得のいく内容で業者を選びやすいというメリットがあります。

●各リフォーム費用の相場は知っておくと便利

リフォームをご検討されている方の多くが「初めてリフォームする」

という状況ではないでしょうか。

初めてのリフォームで知っておきたいのは「どのくらい費用が掛かるのか?」

ですよね。

提示された見積額が妥当なのか?それとも高額なのか?という部分に関しても

大まかに判断することができます。

▼各リフォームの相場、目安価格

・キッチン 100万~150万(システムキッチンのみの場合、100万位内になる場合も)
・バスルーム 70万~100万円
・洗面所  20万~50万円
・トイレ 20万~50万円
・リビング 20万~30万円(内装のみ)※間取り変更は100万以上
・外壁塗装 1坪当たり2万 耐久性のある塗装を選ぶ事をおすすめします
・屋根塗装 ~100万円
・屋根リフォーム 100万~150万円
・エクステリア 10万~50万円

▼かかるのはリフォーム費用だけでない

ご紹介したのはリフォームの相場、価格の目安です。

ただ、見積で出てくる金額はもうちょっとかかるでしょう。

リフォーム費用だけではなく、他にもかかってくる費用があるからです。

・材料費
・人件費
・諸経費
・確認申請手数料
・手数料
等。

これらが追加されていきます。

他にも必要に応じて引っ越し費用が掛かりますし、近隣に車を駐車できない

場所であれば駐車場代もかかる場合があります。

●大まかな流れを知って賢くリフォームしていくのがコツ

リフォームをすると決めたものの、費用面も施工に関しても満足はしきれなかった。

そんな経験をしている人が多くいます。

後悔しないリフォームをするためにも以下でご紹介しているポイントは

おさえておいた方が良いでしょう。

・資金は事前に準備した方が良い

手持ち資金内でリフォームしようとすると、数年後、再びリフォーム

することになり二度手間になる事も。

・どうしたいのかを具体的に

どの部分が気になるか、こんな色合いはどうかなど、

具体的に提示できるようにしておくと良いです。

・資金面のサポートが可能か?確認をする

国からの補助金対象になるのか?ローンの利用はできるか?などを確認しましょう。

リフォームに関しての補助金やローンに関してはこの後、ご紹介します。

・予算は余裕を持たせる

リフォームの見積りから後で余分にかかってくる可能性も。

予算は1割ほど余裕を持たせる事をおすすめします。

・業者検討のポイント

リフォームの際はできれば3社ぐらい候補を挙げて見積などを比較検討を。

決める際は担当者の対応力、技術力、アフターサービスも万全で

確認しておくことをおすすめします。

・予算オーバーの修正が可能な場合も

見積り額が予算よりオーバーしている場合、グレード変更やオプションを

外すなどの対応で調整できる場合もあります。

・支払いタイミングは事前に確認

リフォーム代金の支払うタイミングは業者さんによって違いがあります。

工事完了後にまとめて払う場合が多いので、支払いタイミングを確認しておき、

事前に口座にお金を準備しておくようにします。

・仮住まいを利用するのか?

リフォーム期間がどのくらいかかるのか、その間、

生活に支障がないかなどを確認の上、仮住まいの検討もしましょう。

・リフォーム時に見に行く

通常のリフォームだと機器を設置する予定時に「品番や色は合っているか?」

といった確認をすると良いのですが、外壁塗装の場合は、

塗装の開始時に行くのがポイント。

「塗料と色は発注通りか?イメージと違いはないか?」という点を含め、

見に行って問題ないか確認をしておく事をおすすめします。

リフォーム後に「こんなはずではなかった」というトラブルも回避しやすいです。

以上、9個のポイントをご紹介しました。

この部分をスムーズに対応できるようにしておくとリフォームも進めやすいです。

●業者はしっかり吟味してから決める

リフォーム業者さんはすべてのリフォームに万能に対応できますが、

それぞれ得意分野が違う事も。

リフォーム業者は以下のようなタイプがあります。

・住宅リフォーム専門

リフォームを専門に行うお店です。

よく調べてみると元工務店、元塗装店、元設備工事店という流れで変わったという

専門店も多いので、そのお店によって専門としている分野が分かれる事があります。

・工務店

工務店でリフォームを行っている事も多いです。

アフターフォローなど小回りの利く業者さんなどもいます。

ただ、一軒家での施工が多いと思いますので、マンションのリフォームは

苦手な可能性もあります。

・住宅メーカー

住宅メーカーが持っているリフォーム部門でのリフォームを

お願いできる例もあります。

住宅を取り扱っている業者だけに、間取り変更など大掛かりなリフォームも

得意としているのが特徴です。

自社契約の業者にお願いできるというメリットを生かして

価格を抑える事ができる場合もあります。

・住宅設備関連のメーカー

トイレやバスルーム関連の設備メーカー(TOTOやINAX、LIXILなど)

がリフォームを行う事も可能です。

費用は掛かる可能性があるものの、トイレのリフォーム、

お風呂のリフォームなど、専門性もありますし、メーカーも

大手になるので安心感はあります。

一言でリフォーム業者といっても詳しく見てみると得意としているものに

違いがありますので、ある程度、外壁塗装を得意としている業者さんを

選ぶようにしましょう。

●予算を決める際のコツはこれ!

リフォームの予算内容は優先順位を決めておくことが予算調整のコツとなります。

・普段よく使う部分
・まとめて行った方が安くできるリフォーム箇所がある
この2つを元に優先順位を考えるようにします。

リフォーム予定に以下のものが含まれていた場合、優先させるようにしましょう。

・雨漏りなどの修繕リフォーム
・外壁塗装、屋根メンテナンス
・バリアフリー化、手すりの設置などの安全性に関する施工
・給湯器交換
・キッチンや水回りに関するリフォーム

これらのリフォームは予算を下げようとするとかえって二度手間になったり、

家の傷み具合も進みやすくなります。

雨漏りや腐食に関する修繕はこれ以上進まないように予算も

優先的に回してください。

屋根や外壁の塗装メンテナンスでは塗料のグレードを下げない方が持ちも良く、

家の傷み具合を大きく抑える事も期待できます。

生活に大きく関わってくる箇所は予算を優先させて納得いく

リフォームをしましょう。

●リフォーム業者とはしっかりと話し合い、確認を!

リフォーム業者さんとの話し合いの際に見積りだけ確認されて後は

どんどん話を進められてしまった。

そんな事が無いようにリフォーム業者さんとはしっかりと話し合いをしておきましょう。

・希望やイメージをしっかりと伝える

こんな感じにしたいというイメージに近い写真を見せると伝わりやすいです。

また、痛みや変色、汚れがひどいなど、今気になっている

個所があったら一緒に伝えてみましょう。

この時にこちらの要望を元にした提案をしてくれるかどうかで

業者さんの対応力もある程度見えてくるかもしれません。

・予算や希望の工期を伝える

予定している費用、そしてできればどのくらいで工事を終わらせたいか

といった希望の期間を伝えましょう。

・見積りに対する相談にも応じてくれるか

外壁塗装をお願いする場合、見積りを見て「この塗料のグレードを

下げる事できます?」といった質問や、「もうちょっと予算を下げたい」

といった相談の時に別の提案をしてれたり、「この部分は〇〇に変更することも

出きるのですが、こういったデメリットがある」など説明してくれる

業者さんは良心的です。

・保証、アフターサービスも確認

リフォーム完了後に気になる部分があった際にどのような対応が可能なのか?

という部分は必ず確認しましょう。

アフターサービスや保証がない業者さんもいます。

・契約時にも確認を

契約時に書類などで確認したいのは

リフォーム内容

金額と支払時期

工事期間と工事日程

塗料の型番

契約約款(アフターサービス含む)

などがあります。

話し合いの内容と間違っている部分がないかを確認してください。

・リフォーム後に確認を

リフォームが完了してから事前の打ち合わせ通りに仕上がっているか?

リフォーム以外の箇所で傷や汚れがついていないかなども今一度、

確認するようにしましょう。

●リフォームとリノベーション、何が違うの?

リフォーム経験がある人から参考にしようと色々と話を聞いていると

「うちの場合はリノベーションだよ」という話を聞く事もあるかもしれません。

最近ではリノベーションという言葉もよく聞くようになりましたが、

リフォームとリノベーションは何が違うのか?という疑問も出てきます。

まずリフォームですが、部屋の修理をするために備え付けのトイレやお風呂、

キッチンなどを新しく変えたり、換気扇を違うタイプに変更する、壁紙を変えるなど、

古いものを新しいものに取り換えて修繕しています。

一方、最近よく聞かれるようになったリノベーションですが、リフォームより

大掛かりな改築を意味します。

間取りを変更して使い勝手を良くするものです。

一例としては、柱と基礎だけ残して大きく間取り変更を含めた改築だと

リノベーションになります。

最近では古い物件の2世帯分の仕切りを取り、リノベーションして

広い部屋に作り替えてから賃貸にするという物件も出てきています。

ただ、中にはリノベーションという響きだけを利用して

良く見せようとする例もあります。

見た目に間取りなどの変更もなく壁紙とクロスの張替え、

トイレを洋式に取り換えただけなので、実際にはリフォームでは?

と思える物件が「リノベーション済み」と書いている場合もありますので、

詳細にどの点を変更したのか?という確認をしてみるとリフォームか?

それともリノベーションなのか?とわかりやすいです。

●リフォームは助成金の活用を!

リフォームの予算はある程度以前から積立間隔でよけておくと良いのですが、

なかなかうまくいかないですよね。

かといって手持ちの費用だけでリフォームを済まそうとしても

満足のいく結果にならない事も。

そんな時に確認しておきたいのが助成金。

リフォーム内容によっては助成金が出る場合があります。

・エコ、省エネ関連のリフォーム

壁部分や窓の断熱リフォームや、太陽光発電の設置、蓄電池の設置、

エコキュート・エネファームといった給湯器、節水型トイレなど、

省エネ効果が期待できるリフォームやLED照明器具の設置は助成金の

対象となる場合が多いです。

外壁塗装に関しては、遮熱や断熱効果のあるエコ塗料を使用する事で

補助金を受ける事ができます。

・バリアフリーなどの介護関連のリフォーム

段差を無くす工事や手すりの設置、ドアを引き戸に変える工事など、

補助金の対象になります。

介護保険を利用すると要介護認定が下りているご家族が住んでいる場合、

負担額が多くても3割程度で済むようになります。

・耐震関連のリフォーム

突然起こるかもしれない地震に備えて耐震診断や耐震補強工事を行う場合も

補助金の対象になる場合が多いです。

旧耐震基準の時期に建築された1981年5月31日以前の建物は補助金を

受けられる例が多いです。

・補助金を検討する際の注意点

補助金は国や自治体、それぞれで行っています。

いつでもすぐに申請できるものではありません。

リフォーム着工前に申請する必要があります。

補助金の受付はいつまでも行っていると思って先延ばしするのは

おすすめできません。

多くは新年度のタイミングで募集を開始するのですが、予算上限に達すると

受付を終了してしまい、夏ぐらいには打ち切れられているケースも。

新年度前にどのような助成金があるかをチェックして募集開始時期

あたりからリフォームを検討していくようにしてみましょう。

●リフォームに使えるローンもチェックしておきましょう

リフォーム内容によっては助成金が使えますが、もうちょっと費用的に

厳しいという場合はリフォームで申し込むことができるローンを利用する方法もあります。

リフォームで使えるローンは以下の2種類。

・住宅ローン
・リフォームローン

それぞれの特徴と、メリット、デメリットを知った上で利用を比較、

検討してみてください。

▼住宅ローン

仕組みはリフォームをする住宅自体を担保に借りるローンで、

1000万からの借入が可能です。

金利も多くて2%程度とリフォームローンよりも低く、大きい金額を借りる事が

できるメリットがあります。

返済期限の設定もリフォームローンよりも長く設定できます。

ローンの種類によっては高齢でリフォームローンの審査が通らなかった

という方でも申し込みができるローンも探してみると見つける事ができます。

▼リフォームローン

無担保型のローンがリフォームローンに当てはまり、500万から借入できます。

住宅ローンと併用ができ、連帯保証人の必要もないという種類も多いです。

ただ、借りれる額の上限が1000万までと住宅ローンよりも少なく、

借入期間も最長15年と短いです。

金利も最大5%と住宅ローンよりもやや高い傾向にあります。

それぞれの特徴を見た上で、いくらぐらい借りたいのか?

返済期間はどのぐらいにしたいのか?金利も含めて検討してみると良いでしょう。

●まとめ:ポイントを押さえて満足のいくリフォームを

今回は外壁塗装を検討する際にいくつか事前に知っておきたいことを

ご紹介してみました。

リフォーム業者の探し方次第で満足のいく仕上がりになるか、

ちょっと不満が残る仕上がりになるかという違いが出てきます。

使用したい塗料や色を含め、業者さんと納得のいく話し合いを

していくのはとても重要です。

リフォームの適正価格でお願いでき、アフターサービスを含めしっかりと

こちらの要望を聞いてくれる業者さんを見つけたいものです。

ネットのリフォーム業者仲介サービスを上手に使って比較検討をして

納得のいく外壁塗装をしてもらいましょう。

屋根・外壁屋根塗装の診断実績が業界トップクラス【プロタイムズ総合研究所】

タイトルとURLをコピーしました